愚かなり我が心

プログラミング、筋トレ、お酒など

Ruby技術者認定試験Silverを取得しました。

みなさんこんにちは。

 

先週、Ruby技術者認定試験Sivlerに合格しましたので

その報告となります。

 

勉強期間

2月の頭からRubyを初めて触り、

試験を受けようと勉強を始めたのが2月の半ばなので、

試験勉強としては1ヶ月ちょっとってところです。

 

勉強方法

通勤中は試験対策本をひたすら読みました。 

[改訂2版]Ruby技術者認定試験合格教本(Silver/Gold対応) Ruby公式資格教科書
 
プロを目指す人のためのRuby入門 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで (Software Design plusシリーズ)
実はRubyを初めるにあたり、最初に買った本がこれでした。
正直、この本を読まなければ試験に合格することもなかったと思われます。
この本の特徴は、「この機能は〜です」のような教科書タイプの本とは違い、
読者に手を動かさせ、間違わせ、考えさせるようになっています。
テスト駆動開発を実施しながら著者の伊藤淳一さんが何度も暖かく語りかけてきます。
「〜をやりましょう。・・・失敗しましたね・・・こうしてみよう」的な感じで進みます。ついついプログラムを動かさずにはいられなくなります。
気づけば、試験対策で無闇に暗記していたところの機能の使用用途などが
すんなり頭に入ってきました。
今まで避けてきた正規表現も、この本にて紹介してる著者Qiitaの記事で勉強できます。
この記事も非常に秀逸で、何度も挫折した正規表現が、不思議と読めるようになりました。魔法のようです。
 
チェリー本でRubyの使い方、楽しさを学び、試験対策本でかっちり勉強すれば
楽勝ではないかと思います。
私は、94点で合格することができました。

今後について

Ruby未経験者の私が今後Rubyを仕事にしようと思うと
資格は一つの目安になります。
(資格=仕事ができる、ではありませんが未経験者ならないよりはまし)
次はGoldを年内に取得できるように勉強します。
ただその前に、Railsチュートリアルを完了させ、
Railsの資格(ブロンズ)に挑戦しようと思います。
 
それでは